|  OpenFlow  | OpenFlow-for eCTD | Solution事例  |  FAQ  | PDF Service | SpeedLinker | MaskChecker | お問い合わせ | HOME |
  PDF Solutions
確かな品質の電子文書ソリューションをご提供しています。

・OpenFlowは電子文書の自動化ツールです。
単にPDFを作成したり加工したりするだけのソフトウェアではありません。

・電子文書に関わる、さまざまな業種、さまざまな分野の問題解決にお役立ていただけます。

・OpenFlowの持つ、さまざまな機能を組み合わせることによって、コンテンツマネージメントシステム(ECM:Enterprize Contents Management system)構築が可能となります。

 

製薬会社 社では…   「新薬の開発期間短縮」という全社目標の達成を目指す。

A社では、社をあげて「開発期間の30%短縮」を目標に、課題の克服に乗り出した。

新薬の開発には、数多くの文書業務がつきものであり、国際規格がある、 複雑で
大量の文書は、ミスが許されないだけに事務負荷も大きかった。
新薬の承認申請書類だけで大型キャビネット1つ分と言われる製薬企業にあって、
文書業務の効率化がキーポイントとなるなのは明らかであった。

A社では現場主導で、約1年半をかけて新システムの要件項目をまとめ上げた。
新たな文書管理システムはベンダーH社に発注したが、そのPDF変換エンジンには OpenFlow が組み込まれた。
A社では今、その効果を確認しつつ、更なるステップに進もうとしている。

*参考:「日経コンピュータ」

販売会社 社では…   「販売マニュアル」のイントラネット運用を自動化。

B社の各営業部門では、取扱商品の情報共有を進めるため、商品それぞれの特長とセールスポイント、関連情報や注意事項などをまとめた「販売マニュアル」を、社内イントラネットで公開している。

この「マニュアル」は各担当者がMS-Officeで作成するが、文書作成以上の処理業務を担当者に課すのは、明らかに無理があった。
タイムリーなアップやデータ更新、共通性の確保など、ビジネスの実務面で問題がでないよう、 B社ではOpenFlowを導入して運用の自動化を図った。

担当者の文書作成後は、PDF変換からセキュリティーなどの加工、イントラネットへのアップ作業までを、OpenFlowで一貫して自動処理している。
当初は「マニュアル」専任者を設ける案もあったが、特に問題なく運用されている。


製造業 社では…   将来を見据えた「設計図面管理」に、旧来の紙図面をも統合。

C社では、大量の設計図面をCADの電子データで管理していた。
しかし、以前からの紙の図面も未だ数多く残っていて、電子データと紙図面との関連性確保は、業務改善の懸案事項ではあったが、なかなか手がつけられずにいた。

この問題に加えて、今後の設計管理に向け、CADフォーマットの電子データについても長期見読性を保証する必要に迫られるようになった。
そこでC社では、OpenFlowを使用して、紙データと電子データをPDFに変換し、設計図面PDFのメタデータを抽出・管理するシステムを導入した。

古い紙図面の整理には苦労を要したものの、D社の幾つかの課題は一挙に解決されたこととなった。

製薬会社 社では…   電子文書事務の効率化と正確性の向上を達成。

D社では、大量で事務負荷も大きい、新薬関係文書の業務改善を進めてきている。

D社の担当部署では、新薬の申請文書をMS-Wordで作成する一方、図表等の付録についてはMS-EXCELで作成している。
これらをパブリッシングする際には、EXCELの図表番号を目次に反映させなければならないため、煩雑な作業が必要であった。

OpenFlowの「EXCELしおりオプション」が、これを解決してくれると知り導入した。
Wordテンプレートと同じ見出しスタイル名をECXEL文書にも設定できるようになり、ECXEL文書でも階層化された見出生成が可能となった。

これによりWord、EXCELを意識しないで、全ページに一貫した目次としおりの自動作成が可能となり、処理事務の効率化と正確性の向上を実現できた。

出版社 社では…   PDFによる新規ビジネスと、社内業務革新の両立を実現。

E社は、専門性のある定期誌を発行している出版社である。

専門誌の特徴として、発行後のバックナンバー需要がある。従来は、見込みの冊数を倉庫保管して、品切れまでの間、注文を受けて郵送するのが業界の常識だった。

E社では、各号の発売時に、印刷誌面データをPDFファイル化して保存している。
E社が他社に先駆けてPDF化を進めた目的は、バックナンバー販売の、「冊単位の本」から「記事単位のPDF」への変更だった。
読者サービスとしても高く評価されたと同時に、倉庫管理や関連業務を革新して大幅な効率化に成功した。“品切れ”という状態もなくなった。

従来とは全く違う、「記事」での受注とそのPDF作成業務は、計画当初から手作業では難しいと想定されていた。
このためE社では、OpenFlowを導入して自動化を図った。複数号にまたがる注文も少なくない、面倒なPDF作成に活用している。

このページの先頭に戻ります。

  ©2007 Data Design Inc.,All Rights Reserved
トップページへ